将来への備えをファイナンシャルアカデミーで万全にしよう!

ファイナンシャルアカデミーで将来に備えるためのお金の教養を身につけよう

今はなんとか生活できているものの、将来のことを考えると不安になってしまう…そんな方も多いのではないでしょうか?
未来のことは誰にもわかりません。ある程度の予測は可能であるにしても、その通りになるとは限らないのです。実際にこの10年、20年ほどで経済環境や将来の生活設計に必要なお金への考え方は大きく変化しました。年金や雇用の環境も変化していますので、今は十分な収入を得ることができていたとしても、それが10年後や20年後も続いているとは限らないのです。

そこで、将来への備えについて考えているという方も多いのではありませんか?とはいっても、具体的に何をすればいいのかわからないという方がほとんどのようです。
結果として、もう少ししてから将来のことは考えよう…と先延ばしにしてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、時間はあっという間に過ぎてしまうもの。ずっと先延ばしにし続けた結果、何の備えもないままに定年を迎えることになってしまった…なんてケースもあります。

ファイナンシャルアカデミーは「お金の教養」を身につけることのできる総合マネースクールですが、老後の生活に備えたお金との付き合い方についても学ぶことができます。

今回は、その具体的な内容についてご紹介していきましょう。

長生きすることをリスクにしないための備え

十分な備えがなければ、長生きすることがリスクになってしまう可能性があります。定年を迎えても、年金などの収入は得られる方が多いと思いますが、現役時代と同等の収入にはなりません。
収入が減るばかりでなく、医療費などで支出が増えてしまう可能性もあり、経済的に困窮する方もどんどん増えています。

そんな状況を象徴するかのように「老後破産」「下流老人」といったネガティブな言葉も、頻繁に聞かれるようになりました。

大きな社会的な問題になっている一方で、日本という国も今や経済的に余裕があるとは言えない状況。つまり、国も頼りにすることが出来なくなっているのです。

そこで、自身でしっかりとした備えをしておく必要があるのです。

ファイナンシャルアカデミーでは定年後の備えを用意するための「定年後設計スクール」を実施しています。具体的なノウハウを学べますので、定年後のお金問題の解消に直接的に役立ちます。
スクールというと、長い時間をかけて学ぶものというイメージを抱いている方も多いかもしれませんが、ファイナンシャルアカデミーの「定年後設計スクール」は、独自のカリキュラムを無理のないペースで学んでいき、約3ヶ月という短期間で、しっかりと定年後の備えに必要な知識を身につけることができます。

「定年後設計スクール」はどんな人におすすめ?

あらゆる方に定年後の設計は必要となりますが、ここでは特にどんな人におすすめなのかをピックアップしてご紹介しておきましょう。

まず、定年後の生活設計を具体化し、「見える化」したいという方におすすめです。はっきりと生活設計が見えていると老後の生活の不安をかなり軽減することができるでしょう。
なので、定年後の生活について漠然とした不安を抱えているという方にもおすすめです。

また、年金や保険、税金、そして資産運用などに関する知識がなく、不安を抱いているという方にもおすすめです。老後の生活を安定させるために、これらはとても重要なポイントとなります。

総合的に定年後に必要なお金の知識を学びたいという方にもおすすめです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. こんにちは!戸谷雅美です!何度かお話したように料理が趣味なわたくし戸谷雅美ですが、外でランチした日の…
  2. 阿含宗の中でも重要視されている関東地域は、多くの信徒が住んでいるエリアですが、その多くの信徒が活動し…
  3. 神澤光朗は、大変友人思いで気遣いができる男です。そのため大学入学直後からすぐに多くの友人を作りました…
ページ上部へ戻る