高谷知佐子は労働法務の労働争訟に精通した弁護士

img87561670ad52ac649411a6c143bd7178f2e2ae411688.jpeg

高谷知佐子は1969年生まれ、93年に東京大学法学部を卒業し、95年に弁護士活動をスタートしました。日本では第二東京弁護士会に所属するとともに、2000年にはニューヨーク州弁護士に登録、日米両国の資格を有する国際派の弁護士です。学生時代には公務員を目指していましたが、バブル崩壊後の先行きが不透明な時代にあって「自由な職業」として法曹を目指すことにしたのは、役所訪問で未だ女性への門戸が狭いと感じたからだと言います。司法修習生時代には検事を夢見たものの、最終的に弁護士を選んだのも将来的な仕事の広がりが決め手でした。弁護士になってからは、交通事故、親族・相続からジェネラルコーポレート業務まで多様な業務を経験しました。当時活発だった日本企業のアジアへの投資、中国・インドネシアへの進出案件の担当をきっかけに、世界に目を向けるようになります。3年半の実務経験の後、アメリカコーネル大学ロースクールに留学、その後シンガポールとインドで研修生として主に日系企業の現地でのリーガルサポートを担当しました。帰国後、2001年に四大法律事務所のひとつに数えられる名門「森綜合法律事務所」に入所、現在の森・濱田松本法律事務所では労働法・国際的紛争解決プラクティスグループに所属するパートナーとして、主力業務の労働関連では日常相談から訴訟・紛争対応、制度構築、M&Aに関連する労働法務まで幅広く担当しています。クロスボーダー案件も高谷知佐子の得意分野で、2001年から継続しているインドを始め、日系企業のアジア進出を多く手掛けるとともに、南アジア全域をカバーすることを目指しています。担当業務は今やプライベート・エクイティにまで及び、国内外の幅広い問題に対応できる弁護士として、各メディアにおいて高い評価を得ています。

「働き方」に関する価値観が大きく変化する現在、審判を含む労働争訟は増加の一途をたどり、その数は10年で倍増しています。従来の実務上の取り扱いや解釈を否定する判例が出されるなど、社会情勢の変動を背景に解釈・理論が常に変化し続けるのも労働法分野の特徴です。労働争訟は対応を誤れば一企業の労務問題にとどまらず社会問題に発展する危険性をはらんでおり、労働法に関するリスクは、業種や企業規模の大小を問わず今や無視できないほどになっています。労働慣行の見直しや人事制度の整備など紛争を未然に防ぐことはもちろん、紛争が発生した場合にも的確な対応が不可欠です。労働法務にまつわる問題はひとりの人間の生活や人生に大きな影響を与えるだけでなく、人間関係や感情のもつれなど他のトラブル以上にデリケートな部分があり、対応する弁護士にも人間的な力量と労働争訟に関する豊富な経験・蓄積されたノウハウが求められます。高谷知佐子はこの分野で豊富な経験を有しており、労働法務・人事部門では日本有数の弁護士として高い評価を得ています。労働法の動向についても精通しており、法改正や実務・トラブル解決に関する著作を共著で出版しているのをはじめ、経団連などのセミナーで講師を務めることも多い労務・人事分野の第一人者です。労働争訟は時として和解を含めた柔軟な対応が求められるものですが、高谷知佐子はその柔軟な姿勢でも定評があります。この点については、進路選択で見せた「自由」「広がり」を重視する姿勢や、弁護士となった当初から幅広い紛争解決に携わったこと、当時日本人がほとんどいなかったシンガポールとインドの事務所で文化的な背景が異なる同僚たちと業務を行ったことなど、高谷知佐子の個性と経験が活きていると言えます。

労働法関係の業務は現在、M&A関連の案件と並ぶ高谷知佐子の主力業務となっていますが、当初はM&A業務の一環として避けて通れない人事・労働条件や組合の問題に対応したことがきっかけでした。その後も労働法務や労働争訟の業務が多く集まるようになったのは、労働法務にとどまらず法律分野をまたがる案件にも精通していること、クロスボーダー案件では単に語学ができるだけでなく、法制度やカルチャーの違いをうまく説明できることが理由です。複雑化するビジネスの現場では、労働問題が成功の鍵となることも珍しくありません。労働法の分野では法律上の問題にとどまらず、現場の実務に活かせる専門家のアドバイスが欠かせないのです。高谷知佐子は所属する労働法プラクティスグループのメンバーとともに、社会の動向や日々変化する労働法令・裁判例などを的確に分析、クライアントと密にコミュニケーションをとり、予想しうるリスクを回避するため、労働法コンプライアンスの徹底をはかる社内セミナーの実施から、案件の大小を問わない日常的な労務アドバイスまで行っています。ひとたび紛争が起これば、豊富な経験から的確な争訟対応を行うこともできる高谷知佐子は、多様な労働問題をワンストップで解決してくれる弁護士なのです。

高谷知佐子は国際会議へも積極的に参加していますが、中でも2006年から毎年参加しているLAWASIAとのかかわりは深く、2015年シドニー大会ではExecutive Committeeの一員に選ばれ、日本代表として日弁連の推挙で理事に任命されました。
LAWASIAはアジア・太平洋の法曹団体で、参加人数は必ずしも多くはないものの、参加者の意識は非常に高く、年次大会も学究的なものからビジネス法など実務面まで充実したプログラムで知られます。高谷知佐子は毎年スピーカーを務めるほか、近年は各国の大学院生が実際の仲裁を体験するトレーニングで仲裁人も務めるなど、積極的に関わって来ました。
2015年のシドニー大会では継続的に参加している神戸大学の法科大学院に加え、京都大学法科大学院の生徒も参加し、学生たちの国際交流の場となったようです。若手弁護士の参加が多かったのもこの大会の特徴で、2日目の夕食会では高谷知佐子も若手との交流のひとときを過ごしました。これまでの貢献が認められ、高谷知佐子は2017年に開催される東京大会では、実行委員会副委員長を務めます。高谷知佐子は弁護士の国際交流の場でも大きな役割を果たしているのです。

森・濱田松本法律事務所
http://www.chisako-takaya.com/

関連記事

ピックアップ記事

  1. img66511fb4d142a19da11cf64797cf4a4831d4b6025dc2.jpg
    ラーク動物病院は、大阪寝屋川市にある動物のための総合病院です。4名の獣医師と9名の看護職員たちが日々…
  2. img25447db435d10b766ea013a392031ef99d9672ed805e.jpg
    阿含宗の中でも重要視されている関東地域は、多くの信徒が住んでいるエリアですが、その多くの信徒が活動し…
  3. img4926bf1c6e9309542342d212e459480995b994d953e6.jpeg
    ■ワン・シング一点集中がもたらす驚きの効果毎日たくさんの仕事に追われて精神的にも肉体的にもまいってい…
ページ上部へ戻る